2017年6月10日土曜日

博多祇園山笠

今年も”熱い”夏がもうすぐそこまでやってきました。61日は「博多祇園山笠」の長法被着用解禁日でこの日から1か月半。博多の町のあちらこちらで、長法被姿の男達を目にするようになります。
71日から15日で実施されますが、主な見どころは、以下のとおりです。


71日  飾り山笠公開
7
12日 追い山馴らし(開催時間 午後3:59~)
713日 集団山見せ(開催時間 午後3: 30~)
7
15日 追い山笠(開催時間 午前459~)


スケジュールの詳細は「博多祇園山笠公式サイト」をご覧ください。




2017年5月10日水曜日

「博多町家」ふるさと館 で博多の暮らしと文化に触れてみませんか?

福岡花宿から歩いて2~3分のところにある「博多町家」ふるさと館では博多の暮らしと文化に触れることができます。長谷川法世さんを館長に、博多に古くから伝わる祭事や行事、商人の町としての博多の歴史や文化を楽しく学べるほか、伝統工芸制作を日替わり実演や、博多織の手織り実演なども見学できるスポットです。


現在、九州で初めて汽車が発車した博多駅の明治から平成までの変遷を,貴重な写真や資料などで紹介する【「博多町家」ふるさと館 博多駅の変遷~明治から平成~】が開催されています。





詳細は「博多町家」ふるさと館 公式サイトをご覧ください。


2017年4月8日土曜日

博多どんたく港まつり

今年も福岡の名物「博多どんたく港まつり」が福岡市内の繁華街一帯で、毎年53日と4日に開催されます。「どんたく」の語源はオランダ語の休日“zondag(ゾンターク)”とされ、老若男女が思い思いの格好で、三味線や太鼓、しゃもじを叩いて練り歩きます。周辺では「博多松ばやし」や「花自動車」などさまざまな関連イベントが行われ、パレードや舞台に大勢の人々が参加し、博多の街はお祭り一色となります。 

 
期間: 201753日~4
場所: 福岡市 福岡市内一帯(福岡市庁舎ふれあい広場、博多駅前広場、天神中央公園、どんたく広場 ほか)

公式サイト→http://saku-hana.jp/

2017年3月8日水曜日

福岡城 さくらまつり

光と音楽による特別な演出で、幻想的な光の空間が楽しめます。
御鷹屋敷跡、多門櫓は通常、夜間は閉場されてますが、さくらまつり期間中は特別に公開されているので必見です!
大濠公園と共にわずかな期間しか味わうことのできない桜満開の日本ならではの絶景をお見逃しなく。






場所:福岡城跡(舞鶴公園)
期間:325日~43日(開花の状況で変更あり)
開設時間/10002200
ライトアップ点灯時間/18002200

2017年2月8日水曜日

柳川・冬の風物詩「こたつ舟」

柳川市の掘割を巡る川下りに、冬の風物詩「こたつ舟」が登場!
こたつ布団の中に火鉢を入れて足元がぽかぽかのどんこ舟。甘酒などを飲みながらいつもとは違うお堀めぐりをお楽しみください。


 
平成28121日(木) ~ 平成29228日(火)
問合せ先:柳川市観光協会 TEL 0944-73-2145 

 

2017年1月8日日曜日

かき小屋 in ベイサイド

人気の「牡蠣小屋」がこの時期天神・博多からも近いベイサイドプレイス博多で冬季限定OPEN
海を眺めながらぷりぷりの牡蠣やロブスターが堪能できます








<開催期間> 
 2016121()2017312()
 
11日、2日は休業
<開催時間> 
 
11:0022:00
<開催場所> 
 ベイサイドプレイス博多 1F特設会場




2016年12月21日水曜日

初詣はどちらへ??

少し気が早いですが!

初詣はどの神社をお参りするか決めましたか??


以下福岡の人気の初詣スポットです!


やっぱり1番人気は太宰府にある大宰府天満宮です。
学問の神様の菅原道真公が祀られていますので、毎年大勢の受験生が
お参りに行きます、200万人近くの参拝者がくるんだとか。。






今年嵐が出たCMで話題になった宮地嶽神社も今年は去年以上に賑わいそうですね!
ご利益は商売繁盛、開運招福です。










花のある商店街のすぐそばにはお櫛田さんと地元の人に呼ばれている
櫛田神社があります。夫婦和合や商売繁盛、不老長寿のご利益があるそうです!



年始に福岡に来られる方、パワースポット巡りというプランもいいですね!